一般社団法人やまなし幸せ相続相談センター

相続のプロフェッショナルがワンストップで安心サポート

お問合せ電話050-3172-5230

コラム

ある一つの相続の物語②03 Oct. 2022

父は、自衛隊出身の弁理士であった。
自衛隊から弁理士になるというのは、かなり異色のキャリアのように思えるかもしれない。しかし、防衛大学校、自衛隊では、様々な科学的な研究が行われているから、優秀な「理系」の人が多い。途中退職をして、弁理士として活躍している方は実は多くいるのである。

とはいえ、ときの弁理士試験は、合格者数が数十人というレベルであったから、司法試験と同様に難関試験であった。自衛隊を退職して、収入がない中、母が看護師として得た収入で支えていた。数年の受験生生活を経て、試験に合格した。その後、父は虎ノ門で特許事務所を開業した。それは、山梨には戻らないという意思の表れでもあった。

父が弁理士となった当時は高度経済成長の後期であり、東京などの大都市では戦後直後の様相とはかなり異なっていた。
東京の人口は急増して昭和38年には1000万人を超え、昭和45年ころには少し増加も落ち着いた頃である。これは地方出身者の流入が一旦落ち着いたからでもあるが、東京の人口のそれなりの割合が地方出身者となっていた。

父は山梨の地域に密着した人間関係を好まなかったようだ。仕事をするに当たっては地域性が希薄な(要するにビジネスライクな)環境を求めたようである。とくに弁理士という仕事は開発を行っている企業相手の仕事が多いことから、ある程度大都市圏に集中するのは当然といえ当然である。

そのような中、私は昭和53年に東京で生まれた。
東京生まれである一方で、地方出身者2世でもある。そして、専門職の親を持ち、教育意識の高い家庭に育ち、第二次ベビーブーマーによって苛烈となった受験戦争の波に飲まれていく存在でもあった。

なお、父の末の妹(私からすると叔母)は私が生まれたときに立ち会っていて、私の頭がコーンヘッズのように尖っていたのを覚えているようである。あれから40年以上経った今でも、その話から始まるのであるから、よほど尖っていたのであろう。

この話がどのように相続に関係していくのか、それがこの物語のテーマである。

ある一つの相続の物語①29 Sep. 2022

生まれてからの27年間、東京で生活をしてきた私が、いま山梨にいるのは一つの運命なのであろう。

私の祖父は戦前に満州で弁理士をしていた。満州への移民として祖父母で移住したのである。祖父母の長男として満州で父が生まれたのは、太平洋戦争が始まる3年前のことである。
祖父母の家族は終戦とともに、本土に引き揚げてきた。その途中で、祖父母は娘二人(父からすれば妹であり、私からすると叔母にあたる)を失った。

終戦後は、中富で米や野菜を作って農家をしていた。貧しい生活であったと聞いているが、祖父母の子は亡くなった叔母以外に5人いたし、地域の繋がりもあったし、生産手段もあったから、現代的な貧しさとはだいぶ異なるであろう。

父の実家は今でも中富にあるが、山梨をおそった大雨のときに山からの鉄砲水で一度家を失い、建て替えたものと聞いている。今のようにテレビもない中であるから、情報がない中、家の土蔵の二階に家族で避難していた。朝起きたら居間に大岩があったそうだ。休止に一生を得るとはこのことかと語り継がれている。

父は身延高校に進学した。父の弟妹たちも全員身延高校に進学している。そのためか、たまに父の弟妹を知っている人に出会う。
父の高校時代については、柔道部であったということ以外には知らない。久遠寺の石段を上り下りして足腰を鍛えたという話は聞いていた。

高校卒業後、防衛大学校に進学した。当時の防衛大学校は横須賀にあったそうだ。防衛大学校は自衛隊の幹部候補生を輩出することに目的がある。敗戦により武装解除された日本が自衛隊を組織したのが昭和29年。父が大学に進学する数年前のことである。
大学生時代はラグビーを一生懸命やっていたようだ。柔道、ラグビーと体力的には自身があったに違いない。私は密かに「武闘派」と呼んでいた。

防衛大学校を卒業した父は、自衛隊に入隊した。パイロットになったが、目の怪我により、飛行機を降りざるを得なかった。
浜松基地にいたときに、看護師をしていた母と知り合ったそうだ。事実と異なるかもしれないが、断片的な聴き取りによると、テニスをしていた父がアキレス腱を切り、入院したのが母が看護師をしていた病院であり、そこで知り合った。私は両親から一連の話として聞いていないため、ストーリーとしては異なるかもしれない。
ただ一つ母が言っていたことを思い出す。

「制服がかっこよかったよのね。制服がね。」

両親の関係性が見えた瞬間であった。

不動産の査定②26 Sep. 2022

宅地建物取引士 浅川です。

 
前回、建築基準法上の道路について記載しました。
今回は、実際に対応した事例を記載させて頂きます。

 
甲府市内の古い戸建を相続した方が、解体再建築をしようとしました。

 
引込の水道管が詰まってしまっていたため、引込直しが必要となり、工事を依頼しました。。
工事業者が、接道の土地所有者を調べましたら、分譲地の元々の地主様(私道)という事が分かりました。

 
さらに調べましたら、位置指定道路に認定されていましたので、再建築自体は問題ありませんでしたが、道路の掘削には土地所有者の承諾が必要で、署名捺印をもらう事になりました。

 
地主様は、とても良い方で、快く署名捺印して頂けました。
ただ将来的に、地主様の相続等が発生した場合、どんな方が所有者になるか不安になってしまったようです。 

 
なにか方法がないかという事で、私に相談がありました。分譲地内の全戸(6軒)にお声掛けし、地主様から土地を共有で買取をする手伝いをさせて頂きました。

 
現実的に問題があったわけではありませんが、将来にむけて心配が減ったと喜んでいただけました。
不動産につきまして、気になることがありましたら、お気軽に相談して頂ければと思います。

不動産の査定①22 Sep. 2022

宅地建物取引士 浅川です。

 
相続された土地や建物の査定依頼を受けることがあります。
相続された方は、物件の状況を詳しく知らない場合が多いです。

 
販売営業していく際に、気になるのは道路です。見た目は普通の道路でも、建築基準法上の道路としては、多くの種類があります。

 
一番トラブルが少ないのが、幅員4m以上の国道、都道府県道、市区町村などの道路法による道路です(建築基準法第42条1項1号)。
建物が古く、集落内の場合などは、幅員が4mなく、再建築の際にはセットバックが必要な場合もあります。
接道の種類によって、不動産の査定額も変動してきます。

 
現在、所有地している不動産の接道が、建築基準法上のどの道路になるかは、役所にて確認できます。将来相続される方の為にも、不動産の状況は、確認しておいた方が良いかと思います。

遺産が未分割の場合の相続税申告の続き19 Sep. 2022

こんにちは。税理士の野中です。

今回も引き続き遺産が未分割の場合の相続税申告について説明します。

前回説明したとおり、財産を未分割で相続税の申告をした場合に、配偶者の税額軽減や小規模宅地等の特例が適用できません。それを避けるためには、「申告期限後3年以内の分割見込書」を未分割での相続税申告の際に合わせて税務署に提出しておく必要があります。

これにより、相続税の申告期限から3年以内に遺産分割が確定できれば、確定した財産に基づき相続税の更正の請求を行うことで、配偶者の税額軽減や小規模宅地等の特例を適用できます。

では、申告期限から3年を経過しても遺産分割が確定できない場合はどうなるのでしょうか。更に手続をすることで適用期限の延長が可能です。申告期限の3年後から2ヶ月以内に「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書」を税務署に提出し、承認を得る必要があります。

ここでの「やむをえない事由」は、単に話し合いが決着つかないでは承認されず、訴訟中などの限られた理由であること、訴訟中を証明する書類の提出が求められます。

遺産分割協議が整わず、遺産分割が確定できないと相続税が大幅に増加してしまうリスクがありますので、遺言書を作成するなどの事前の対策が重要です。

遺産分割方法についてお困りでしたら、当センターにご相談ください。